地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

講演会『静岡県が目指す「VIRTUAL SHIZUOKA構想」とは?』開催のご案内

                               主催:令和3年7月熱海市土砂災害調査連絡会

 

◆講演概要:
静岡県は点群データで創る仮想県土「VIRTUAL SHIZUOKA」を新たなインフラと位置付け、
データの収集・蓄積とオープンデータ化を進めています。
熱海の土石流災害の初期対応でどのようにデータが利活用されたのか、担当者が解説します。
なお、本講演会は、熱海土砂災害の災害調査の報告会ではありませんので、ご注意ください。
これからの時代の災害調査等で参考となる新技術を勉強するための講演会です。

 

  ◇講演者:杉本直也様(静岡県交通基盤部政策管理局建設政策課イノベーション推進班長)

  ◇司会:沢田 和秀(地盤工学会中部支部令和3年度副支部長、地盤工学会中部支部災害緊急
           調査団代表、土木学会中部支部令和3年度災害緊急対応委員会副委員長、
           岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センター)

 

※令和3年7月熱海市土砂災害調査連絡会については下記にてご確認ください。
      http://jgs-chubu.org/event/210714renrakukai/

 

◆開催日時:令和3年8月3日(火)1800-19:00

◆会場:Zoomウェビナーのオンライン会場

◆参加費:無料

◆参加方法:
下記のZoomウェビナー事前登録フォームに必要事項をご入力いただき、事前登録をお済ませください。
ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

 

      本講演会Zoomウェビナー事前登録フォーム


◆問合せ先:地盤工学会中部支部 
         〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F
        電話: 052-222-3747   FAX: 052-222-3773  
         E-mail: jibanchu@jeans.ocn.ne.jp

◆注意事項
○本講演会の詳細、最新情報については地盤工学会中部支部ホームページ
( http://jgs-chubu.org/ )にてご確認ください。
○プログラムおよび講師等については変更する場合があります。
○災害,異常気象等によって本行事の開催が危ぶまれる場合は,実施の可否を中部支部で判断します。
○本行事の実施または中止については,地盤工学会中部支部ホームページ( http://jgs-chubu.org/ )
において速やかに周知します。
○本行事は地盤工学会認定G-CPDプログラム、土木学会認定 CPD プログラムではございません。
○参加者の本行事スクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

 

≪オンライン参加の注意事項≫
○Zoom 公式サイトでテスト接続が可能です、開催日前に必ずテストをしてください。
  Zoom 接続テストページ https://zoom.us/test
○接続に関してご不明なことは Zoom ヘルプセンター等でご確認願います。接続方法についてのご相談は
お受けいたしかねます。
  Zoom ヘルプセンター  https://support.zoom.us/hc/ja