地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

土木学会中部支部 令和3年7月熱海市土砂災害調査連絡会結成 のご報告

梅雨前線の連日の豪雨の影響により、東海地方・関東地方南部を中心として大雨となり、7月3日には静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生しました。亡くなられた方へ深い哀悼の意を表しますとともに、被害が続く多くの被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

土木学会中部支部では,地盤工学会中部支部,各学会・行政機関と締結しております「災害時における調査及び技術支援等の相互協力に関する協定」に基づき、各団体と連携しながらさらに地域に貢献するために、「土木学会中部支部 令和3年熱海市土砂災害調査連絡会」を結成しました。

 

会長  

沢田 和秀(土木学会中部支部令和3年度災害緊急対応委員会副委員長、地盤工学会中部支部令和3年度副支部長、

地盤工学会中部支部災害緊急調査団代表、岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センター)

 

副会長 

前田 健一(地盤工学会中部令和3年度支部長、名古屋工業大学工学研究科工学専攻社会工学系プログラム環境都市分野)

 

連絡会事務局幹事

小林 睦(地盤工学会中部令和3年度幹事長、豊田工業高等専門学校環境都市工学科)

西川 武宏(土木学会中部支部令和3年度幹事長、愛知県建設局道路建設課長)

浅井 隆徳(土木学会中部支部令和3年度副幹事長、愛知県建設局道路建設課担当課長)

浅岡 弘暢(土木学会中部支部令和3年度幹事、愛知県建設局道路建設課企画・環境対策G課長補佐)

※メンバーについて追加・変更があり次第更新いたします。

 

関係機関本報告関連サイト

土木学会中部支部HP 令和3年7月熱海市土砂災害調査連絡会結成

 

土木学会本部HP 災害調査関連サイト