地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

「サンプリング技術と採取した試料の品質評価」(2019/5/29)開催のご案内

                   地盤工学会中部支部 セミナー部会 集中講座
      「サンプリング技術と採取した試料の品質評価」開催のご案内

                                                         主催:公益社団法人 地盤工学会中部支部

 

地盤工学会中部支部では月1回程度のペースで講習会やイブニングセミナーを
開催しています。令和元年度は計7回を計画しています。今回は,名古屋大学 
減災連携研究センターの利藤房男氏を講師に迎え、初学者から中級者を対象に
「サンプリング技術と採取した試料の品質評価」と題した講習会を下記の要領
で行います。高品質なサンプリング技術や試料の評価方法など,実務に役立つ
ポイントや留意点についてお話していただきます。
多くの方のご参加をお待ちしておりますので,奮ってご参加下さい。

・G-CPDポイント数:2

・日  時: 令和元年5月29日(水),15:00~17:00

・場  所: 名城大学大学 ナゴヤドーム前キャンパス 西館2F レセプションホール
  キャンパスマップ:https://www.meijo-u.ac.jp/about/campus/dome.html

・会  費: 個人会員・特別法人会員3,000円,学生会員1,000円,
       非会員5,000円

         ※特別会員同行者無料特典対象講習会
            特典案内URL: http://jgs-chubu.org/tokuten/

・講演題目: 「サンプリング技術と採取した試料の品質評価」

・講  師: 利藤 房男氏 
   (名古屋大学 減災連携研究センター 地域社会減災計画寄附研究部門)

・講演概要:
本セミナーでは,地盤調査の実務にかかわる技術者を対象として、地盤調査の
根幹的な技術であるサンプリング技術を習得していただきます。まず、地盤
工学会基準で定められている固定ピストン式シンウォールサンプリングなど
基本的なサンプリング技術を解説した後に、それらサンプリングされた試料の
品質評価の方法(再圧縮時のひずみや残留有効応力)をみていきます。更に、
最新の話題として、砂や砂礫を対象とした新しいサンプリング技術とその実施
事例を説明します。セミナーを通じて、サンプリング技術の重要性と技術の
伝承の必要性を実感していただく予定です。
皆様,奮ってご参加ください。

●申込方法:公益社団法人 地盤工学会中部支部のホームページより
お申込みください。(参加費は当日お支払ください。)

 

   190529集中講座申込みフォーム

 


・問い合せ先:公益社団法人 地盤工学会中部支部
         名古屋市中区栄二丁目9番26号 ポーラ名古屋ビル8F
  Tel 052-222-3747
  Fax 052-222-3773
          E-mail:jibanchu@jeans.ocn.ne.jp