地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

支部長講演 「河川堤防の現地調査と室内試験~室内試験は生き残れるのか?~」ウエブ配信のご案内

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

地盤工学会中部支部 支部長講演

「河川堤防の現地調査と室内試験~室内試験は生き残れるのか?~」

ウエブ配信のご案内

主催:公益社団法人 地盤工学会中部支部

 第64回通常総会ですが,新型コロナウィルスの感染拡大を受け,会員の皆様にお集まりいただくことがかないませんでした。また,例年でありますと見学会や講習会,イブニングセミナーなど,部会の皆様方にむけた活動を活発にしている時期でございますが,中部地方はまだまだ油断ができない状況が続いておりますことから,インターネットを介したウエブ講習会など,感染拡大防止を確保しながら,新たな情報発信により会員の皆様に充実した情報提供をしてまいりたいと考えております。

 まず,第一弾としましては通常総会後の新年度最初の行事として予定しておりました,連和2年度新支部長の講演をウエブで配信することに致しました。今後は,シンポジウム部会,セミナー部会などにおきましても,この機会にICTを利用した様々な試みを行い,会員の皆様に今まで以上の充実した情報を発信し,会員サービスならびに社会貢献をしてまいりたいと思います。。

   講演題目: 「河川堤防の現地調査と室内試験~室内試験は生き残れるのか?~」

   講  師:  小髙 猛司 氏 (名城大学理工学部社会基盤デザイン工学科)

   URL https://youtu.be/5tVShFdYj5g

講演概要:

 この講演は,小高支部長のこれまでの河川堤防のご研究をまとめられたものです。豪雨で被災した堤防などに自ら足を運び,現地調査,手掘り作業での現地サンプリング試料をもとにした室内試験を行った結果など,多方面から解説されております。また,模型実験や吸水軟化試験法という新たな試験の提案など,充実した内容のご講演です。ただし,少々しゃべりすぎたので,適当に早送りして見てくださいとのことです。

令和2年度 地盤工学会中部支部 幹事長 久保裕一

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-