地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

第31回中部地盤工学シンポジウム 開催案内 ★定員に達しましたので申込み締切りました★

開催日時
令和元年 8月 8日(木)
定  員
150名
会  場
名古屋大学ES館 ESホール
 

主 催:公益社団法人 地盤工学会中部支部

後 援:一般社団法人 日本応用地質学会 中部支部

    一般社団法人 中部地質調査業協会

    一般社団法人 建設コンサルタンツ協会 中部支部

    一般社団法人 日本建設業連合会 中部支部

 

第31回中部地盤工学シンポジウムを下記のとおり開催いたします。今回は、地盤
工学会創立70周年記念大会です。そこで、過去の大工事に学ぶことと学会の今後の
動向に関するご講演をお願いしております。教育機関の方々はもちろんのこと、
官公庁、コンサルタンツ、建設業など各分野の皆様におかれましても積極的な
参加と活発な意見交換をお願い申し上げます。

 

開 催 日:令和元年8月8日(木)9:00~17:30(予定)


会  場:名古屋大学ES館 ESホール

     ※ 地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車2番・3番出口より歩いてすぐ
     ※ http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/campusmap.html


特別講演黒部ダム建設に学ぶ ―志は連鎖する―  

          株式会社熊谷組 元社長  大田 弘  氏

     地盤工学会のアカデミックロードマップと人物史  

          東北大学災害科学国際研究所・准教授  森口 周二   氏

一般講演(20件):詳細プログラムをダウンロードして確認して下さい。

 

参加費:正会員/特別会員 3000円,非会員 5000円,学生会員 1000円,
      60歳以上の正会員/特別会員 2000円投稿料をお支払いいただいた方の参加費は不要です。

    ※後援団体にご所属の方は正会員と同額とします。

    ※今年度から支部独自の特別会員に対する特典として,【同行者無料】特典
    を試行します。詳しくは下記の支部ホームページの案内でご確認ください。
          http://jgs-chubu.org/tokuten/
    本行事は特別会員【同行者無料】特典対象事業です

 

 

G-CPDポイント:7.0

建設系CPD協議会加盟の団体所属の方で,ご所属団体のCPD受講証明書書式が必要な場合は,

ご所属先団体の書式に必要事項をご記入の上,当日ご持参ください.

建設系CPD協議会加盟団体CPD申請書・受講証明書は当方にて準備いたします.

 

申 込 方 法 :※申し込みは締め切りました。

 

支部ホームページ  http://jgs-chubu.org/symposium/31annai/
の本講習会申込フォームに必要事項をご記入いただきお申し込みください。ご登録の
メールアドレスに入力内容についての返信メールを確認後、銀行振込または現金書留
にて申し込み日より一週間以内に参加費を払い込み下さい。 
なお,申込に関するお問い合わせについては下記問合せ先までお願いいたします。
〇申し込みいただいた方には、発表論文が閲覧できるURLをご連絡いたします。
〇申し込みをされる前に送金いただくことは、トラブルの原因となりますので、固く
お断りいたします。
〇入金確認後、参加証及び領収書をお送りします。参加証は当日ご持参下さい。
なお、参加費お支払い後のキャンセルはお断りしておりますが、代理の方のご参加は
可能でございますので、その際は下記問合せ先までご連絡下さい。
〇参加費お支払いの際は必ず連絡担当者のご所属もしくはお名前をご記載ください。
〇申込フォームにて申込みされますと参加費のご入金手続きをされなくても
キャンセルとはなりません。ご入金前にキャンセルされたい場合は「問合せ先」まで
ご連絡ください。

 

参加費振込先 : 三井住友銀行名古屋支店 普通口座0921947 公益社団法人地盤工学会中部支部

 

問 合 せ 先 : 公益社団法人 地盤工学会中部支部
        〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F
       電話 052-222-3747 FAX 052-222-3773   E-mail jibanchu@jeans.ocn.ne.jp


申込締切 : 令和元年7月26日(金)


※ 会場へは公共交通機関をご利用ください。
※ プログラム等若干の変更がある場合がございます。支部ホームページにて最新版をご確認下さい。

(http://www.jgs-chubu.org/)

発表論文
  ※ 事前に参加申込を行って頂いた方に、論文のダウンロードサイトのURLをご連絡いたします
   (7月中旬を予定しております)。
  ※ 研究発表から約6カ月後に地盤工学会中部支部のHP上より一般にも公開予定です。
  ※ 冊子体の論文集は平成21年度から廃止しております。