地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

第23回中部地盤工学シンポジウム 論文募集

開催日時
2017年8月2日(水)
参加人数
150
会  場
名古屋大学 ES館 ESホール

特別講演(2件) :
 「大震法は地震防災に役立つか -成立の過程と問題点-」
    安藤雅孝 先生 (名古屋大学名誉教授/静岡大学防災総合センター客員教授)
 「BCPにおいて地質・地盤専門家がになうべき役割 -基礎地盤問題の重要性-」
    豊蔵 勇 氏 (大同大学講師/ジオ・とよくら技術士事務所)

論文発表申込み要領:
 テーマは自由ですが、今回は地震防災に関するご投稿を多数お待ちしております。これ以外のテーマに関する原稿も是非ご投稿下さい。論文発表の申し込みは平成29年4月21日(金)までに、E-mailで下記申込先にご連絡願います。論文原稿作成をお願いする方を中部支部シンポジウム部会で検討し、平成29年5月末までにその結果をご連絡致します。

投稿料:5,000円(学生・非会員の区別無し)

参加費:会員(特別会員を含む)3,000円、学生会員1,000円、非会員5,000円、61歳以上の正会員/特別会員2,000円(シニア割引)。投稿料をお支払いいただいた方の参加費は不要です。

問い合わせ・申込先:
  公益社団法人 地盤工学会中部支部
  TEL:052-222-3747,
  FAX:052-222-3773,
  E-mail :jibanchu@jeans.ocn.ne.jp


ダウンロード