地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

令和元年度 シニア部会 明石大橋塔頂見学会のご案内

               令和元年度 シニア部会 明石大橋塔頂見学会のご案内
                               主催:公益社団法人 地盤工学会中部支部

 公益社団法人地盤工学会 中部支部  シニア部会では,明石大橋の塔頂を見学すると共に,橋梁建設に携わられたツアーリーダーが世界最長の橋梁建設について,隠された橋の技術や歴史などを,判りやすくまた楽しく解説しながら,普段立ち入ることができない管理用通路を通って,海面上300mの主塔に昇って,360°のパノラマを体験するツアーを計画しました.明石海峡大橋は,全長3,911m,中央支間1,991mで世界最長の吊り橋とされ,1998年(平成10年4月5日)の開業以来,「ギネス世界記録」に認定・掲載されています.
 今回は,この橋梁建設に伴って実施された地盤調査のパネル,100分の1の縮尺の模型による風洞実験モデルなどの展示も見学する予定です.これらを学習することによって,通常の実務に生かすことができると確信しているツアーです.
 本見学は,現役の若手会員・中堅会員におかれましても,技術者教育の一環としてご活用いただければ幸いです.大変お忙しい時期とは存じますが,多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.

  ◆G-CPDポイント数:6(予定)
  ◆日  時:
    令和元年 10月 3日(木)
    名古屋駅7:50集合 8:00名古屋駅出発
    ~名神高速~舞子ビラ~橋の科学館~明石大橋ブリッジワールド(塔頂)
    ~本四連絡道路~淡路島・洲本温泉(泊)
    10月4日(金):
    8:30発~鳴門の渦潮鑑賞~大鳴門橋・渦の道~淡路島~野島断層館
    ~名神高速道路~名古屋駅前(18:20頃) 到着予定
  ◆募集定員: 最大20名(塔頂ウォーク:5人/パーティ×4パーティ)
  ◆会  費: 正会員・学生会員・非会員:43,000円(予定) (宿泊・食事込)
  ◆申込み方法: 支部ホームページ 
     URL: http://jgs-chubu.org/191003moushikomi/
     の本講座申込フォームに必要事項をご記入いただきお申し込みください.
  ◆参加費振込先:参加者には,別途,旅行会社への振込先をご案内いたします.
  ◆お申込み期限:令和元年9月20日(金)
  ◆問合せ先:地盤工学会中部支部 

   〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F
   電話: 052-222-3747 FAX: 052-222-3773 E-mail: jibanchu@jeans.ocn.ne.jp