地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

南海トラフ巨大地震に対する市民のための防災・減災シンポジウム(静岡県)

開催日時
2016年11月22日(火)
参加人数
120名(参加無料)
会  場
静岡県コンベンションアーツセンター/グランシップ 1001-1会議室



※ 本講習会は一般向けの公開講習会となっております.学会員以外の方もふるってご参加ください.


地盤工学会中部支部主催
南海トラフ巨大地震に対する市民のための防災・減災シンポジウム


「南海トラフ巨大地震が迫る!静岡県ではどのような地盤災害が発生するのか?」

 東日本大震災の甚大な地震被害を目の当たりにし,迫りくる南海トラフ巨大地震への備えが求められています.また,日本は変化に富んだ気候や活発な地殻変動,火山活動によって,多種多様な地質・地形を有しており,その地形・地質によって危惧される地盤災害の様相は大きく異なります.「南海トラフ巨大地震中部地域地盤災害研究委員会(委員長:野田利弘,名古屋大学)」では,地域および地域住民の地震防災に役立ててもらうことを目的に,市民のための防災・減災シンポジウムを企画し,東日本大震災の教訓を整理・分析して,巨大地震発生時に危惧される地盤災害やその特徴について説明します.その後,静岡県で関わりの深い,長尾年恭先生(東海大学海洋研究所教授),福江正治先生(全国宅地防災技術協会会長,東海大学名誉教授),山田真史氏(静岡県交通基盤部 河川砂防局河川 企画課)をお招きして,静岡の地域特性を交えた特別講演をして頂きます.


 主 催 : 地盤工学会中部支部 「南海トラフ巨大地震中部地域地盤災害研究委員会」
 共 催 : 中部地質調査業協会
 後 援 : 静岡県,静岡市

 日 時 : 平成28年11月22日(火) 13:30 ~ 17:30
 場 所 : 静岡県コンベンションアーツセンター/グランシップ 1001-1会議室
      〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
       ・https://www.granship.or.jp/parking/data/pdf/access_map_20150515.pdf
 参加費 : 無料
 定 員 : 約150名

参加ご希望の方は,タイトルを「静岡シンポジウム参加申し込み」と記載したうえで,参加者全員のお名前を,地盤工学会中部支部までメールまたはFAXにてお知らせください.
地盤工学会中部支部(E-mail:jibanchu@jeans.ocn.ne.jp,FAX:052-222-3773)


<プログラム>
   13:30       開会
   13:30 ~ 13:40  開会のあいさつ
               野田利弘(名古屋大学・教授,当委員会委員長)
   13:40 ~ 14:40  東日本大震災で発生した地盤災害の特徴とその教訓
   14:40 ~ 15:00  休憩
   15:00 ~ 17:20  特別講演会
             1)長尾年恭 先生(東海大学海洋研究所長・教授、
                      一般財団法人強靭な理想の住宅を創る会・代表理事)
               「南海トラフ沿いの巨大地震(想定東海地震)とはどんな地震か?
                -最新の地震予知研究と地震防災の最前線-」
             2)福江正治 先生(全国宅地防災技術協会会長,東海大学名誉教授)
               「宅地の液状化など地盤災害について」
             3)山田真史 氏(静岡県交通基盤部 河川砂防局河川企画課)
               「静岡県における津波防災の取り組みについて」
   17:30       閉会



  問合せ先 : 地盤工学会中部支部
         〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F
          電話:052-222-3747 FAX:052-222-3773
          E-mail: jibanchu@jeans.ocn.ne.jp


ダウンロード