地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

第3回 地盤工学サロン開催のご案内

開催日時
2016年11月1日(火)

第3回 地盤工学サロン開催のご案内

公益社団法人地盤工学会 中部支部

中部支部 シニア活性化委員会

第3回地盤工学サロンとして1963~1974年(昭和38年~49年)にかけて実施されました「名古屋市千種台排水対策事業」に関して,現地見学(猫ヶ洞池の堤体下流側,ベルマウス~矢田川排水口),および名古屋市緑政土木局より,この排水対策事業に係わる興味深い話題を提供して頂くこととしました.
また,サロン終了後は,その話題を掘り下げて,情報共有するための懇親会も開催いたします.
名古屋市の千種区東山~富士見台に至る丘陵地は,1953年(昭和28年)頃から急速に宅地開発がなされました.従来,この地域は各所にため池が散在する山林でしたが,市街化による保水機能の減退による道路冠水や家屋浸水被害が続出していました.
この対策として実施された「名古屋市千種台排水対策事業」について取り上げたいと思います.

(開催概要:司会 成瀬文宏)

1. 開催日時:第3回 地盤工学サロン:平成28 年 11 月 1 日(火) 13:00~18:00

(現地見学編:13:00~16:00)

・13:00 名古屋市営地下鉄-名城線-自由ヶ丘駅 改札口集合~猫ヶ洞池(1.2km)

・13:15 猫ヶ洞池(堤体下流側~ベルマウス) 見学

・14:00~矢田川出口まで距離≒3kmを徒歩にて見学しながら移動(≒40分)

・14:45~出水口見学~15:15 (15:15~茶屋ヶ坂まで徒歩(≒1.2km,15分))

・名古屋市営地下鉄 茶屋ヶ坂駅(15:30)~ナゴヤドーム前まで地下鉄で移動

・16:00 名城大学ドーム学舎

(話題提供編):16:00~18:00

(開会挨拶(委員会報告):坪田 邦治 委員長:16:00~16:15)

16:15~16:30  きっかけである昭和36年6月豪雨 ビデオ鑑賞 (名古屋市製作)

16:30~16:55  村瀬 勝美 (名古屋市緑政土木局 元局長)

千種台排水対策事業についての概要

(+ビデオレター参加:元緑政土木局長 片山 英吉 氏)

16:55~17:15 名古屋市緑政土木局 河川部 河川計画課 渡辺 龍 課長

千種台排水対策事業の事業効果について

17:20~17:40 名古屋市緑政土木局 千種土木事務所 石塚 雅浩 所長

千種台川の現状について

17:40~17:50 発表者選定中

当時のシールド掘削工事の概要について

(質疑応答,閉会挨拶:中野 正樹 17:50~18:00)

2. 開催場所:地盤工学サロン:名城大学ドームキャンパス西館2F レセプションホール

(〒461-0048  名古屋市東区矢田南4-102-9 )

懇親会:名城大学ドームキャンパス北館レストランMU:18:00~20:00

3. 定   員:地盤工学サロン 50 名(先着順),懇親会 30 名 (先着順)

4. 参加費:3回地盤工学サロン参加費

・会員:1,500円,シニア会員(満60歳以上の地盤工学会会員):1,000円

・非会員:2,000円,学生会員:500円

懇親会参加費

・会員・シニア会員:4,000円,非会員:5,000円,学生会員:3,000円

5. CPD :3.0 h (予定)

(申込方法・申込先:公益社団法人 地盤工学会中部支部)

・460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F

・TEL:052-222-3747 FAX:052-222-3773 E-mail:jibanchu@jeans.ocn.ne.jp

※参加ご希望の方は,氏名 所属 連絡先(参加証送付先・電話・FAX・E-mail)

会員(会員番号)・特別法人会員(会員番号)・非会員・学生会員の種別,また,懇親会の参加・不参加の別を明記し,参加費の振込の控えを添付して,下記までFaxまたはE-mailにてお申し込み下さい(現金書留でも受付けます).
折り返し参加証と領収書を郵送いたします.

※懇親会参加ご希望の方は,懇親会参加費も合算してお振込ください.

※参加申込書:支部HP(http://jgs-chubu.org/)からダウンロード可能です.

(締 切)平成28年10月14日(金) (先着順受付につきお早めの申込みをご留意下さい)


ダウンロード