地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

<一般公開> 南海トラフ地震に対する市民のための防災・減災シンポジウム

開催日時
2015年10月30日(金)
参加人数
100名
会  場
名古屋大学 環境総合館 レクチャーホール



※ 本講習会は一般向けの公開講習会となっております.学会員以外の方もふるってご参加ください.


地盤工学会中部支部主催
南海トラフ巨大地震に対する市民のための防災・減災シンポジウム


「南海トラフ巨大地震が迫る!愛知県尾張地方ではどのような地盤災害が発生するのか?」

 東日本大震災の甚大な地震被害を目の当たりにし,迫りくる南海トラフ巨大地震への備えが求められています.また,日本は変化に富んだ気候や活発な地殻変動,火山活動によって,多種多様な地質・地形を有しており,その地形・地質によって危惧される地盤災害の様相は大きく異なります.本シンポジウムでは,最初に,特別講演として金田義行先生(名古屋大学減災連携研究センター)を招き,南海トラフ巨大地震の実態について,わかりやすく解説して頂きます.その後,地域および地域住民の地震防災に役立ててもらうことを目的に,愛知県の特に尾張地方が有する特徴的な地域特性を分析し,巨大地震発生時に県内で危惧される地盤災害について整理・説明します.


 主 催 : 地盤工学会中部支部 「南海トラフ巨大地震中部地域地盤災害研究委員会」
 共 催 : 中部地質調査業協会

 日 時 : 平成27年10月30日(金) 13:30 ~ 17:30
 場 所 : 名古屋大学 環境総合館1階 レクチャーホール
      〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町
       ・地下鉄名城線 名古屋大学駅から徒歩5分
       ・キャンパスマップ(http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/)のD2
 参加費 : 無料
 定 員 : 約100名(事前申し込みの必要はありません.直接,会場にお越しください)

G-CPDポイント:3.5
  • 地盤工学会G-CPDポイント付与ご希望の方は,御名前と個人会員番号もしくはG-CPDポイントメンバー番号を受付にお申し付けください.
  • 地盤工学会以外の建設系CPD協議会加盟の団体所属の方で,受講証明書が必要な場合は,http://www.cpd-ccesa.org/unit_assent.phpよりご所属団体申請書をダウンロードし,必要事項をご記入の上,当日ご持参ください.

  • <プログラム>
       13:30  開会
       13:30 ~ 13:40  開会のあいさつ
       13:40 ~ 15:10  特別講演会
                  演題:南海トラフ巨大地震の実態 ~観測とシミュレーションから迫る~
                  講師:金田 義行 先生(名古屋大学減災連携研究センター教授)
       15:10 ~ 15:30  休憩
       15:30 ~ 17:30  愛知県尾張地方の地域特性と危惧される地盤災害
       17:30  閉会



      問合せ先 : 地盤工学会中部支部
             〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F
              電話:052-222-3747 FAX:052-222-3773
              E-mail: jibanchu@jeans.ocn.ne.jp


ダウンロード