地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

第28回調査・設計・施工技術報告会

日 時:令和元年6月21日(金) 9時30分~17時00分
会 場:名古屋大学ES総合館1階ESホール

 

※最新プログラムはこちらからダウンロードください。
※今回の報告会は地盤工学会創立70 周年記念大会のため、発表資料の公開は行いません。

午前の部(招待発表)

南海トラフ巨大地震等による沖積平野・堆積盆地において考慮すべき地盤工学的課題について
  野田 利弘 氏(地盤工学会中部支部)

断層破砕帯を横過する橋梁の橋梁計画 三遠南信自動車8号橋

  篠原 一輝 氏(建設コンサルタンツ協会中部支部)

地質リスク調査検討業務 ~一気通貫の地質リスクマネジメント~

  中本 英樹 氏(中部地質調査業協会)

UAV(ドローン)空中電磁探査によるトンネル地山評価

  林 浩幸 氏(日本応用地質学会中部支部)

IoTによる重機土工の全行程見える化

  槇本 正樹 氏(日本建設業連合会中部支部)

午後の部(特別講演)

特別講演Ⅰ:海と社会の関わり
  阪口 秀 氏(国立研究開発法人海洋研究開発機構 理事)
特別講演Ⅱ:水防災意識社会の再構築と愛知県の水防災対策
  髙橋 裕輔 氏(愛知県建設局 治水防災対策監)
特別講演Ⅲ:地盤工学、発想の転換
  大谷 順 氏(地盤工学会 会長、熊本大学 副学長)