地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

その他の委員会・部会の活動紹介

研究委員会

委員会・部会 目的・具体的活動
南海トラフ巨大地震を念頭とした災害廃棄物等の処理技術・管理システム研究委員会
(災害廃棄物研究部会)
委員長:中野正樹(名大)
(目的) 中部地域を対象に、南海トラフ巨大地震によって発生すると考えられる災害廃棄物等の再利用,再資源化,適正処分について、特に分別土砂の力学・化学特性から災害廃棄物処理管理システムの考え方まで議論し、中部版「災害廃棄物の処理・利用マニュアル・シナリオ」の提案を目指す。

(具体的活動) 3つのグループに分けて活動し、年3回程度それぞれの研究成果を共有する。必要に応じて市民へ研究成果を報告する。

その他

委員会・部会 目的・具体的活動
支部創立60周年記念事業実行委員会
委員長:八嶋厚(岐阜大)
支部創立60周年を迎え、記念誌発行・第52回地盤工学研究発表会(名古屋)における特別講演会の共催・中部支部記念品作成・平成30年4月の記念支部総会・60周年記念シンポジウムの開催および台湾烏山頭ダム視察ツアーなど一連の行事を開催する。

南海トラフ巨大地震を念頭とした災害廃棄物等の処理技術・管理システム研究委員会(災害廃棄物研究部会)会員名簿

新着情報