地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

「第4回地盤工学サロン-河川堤防-」見学会・講演会

開催日時
2017年11月21日(火)
講  師
岐阜大学名誉教授 宇野尚雄先生

地盤工学会中部支部60周年記念事業

「第4回地盤工学サロン-河川堤防-」見学会・講演会の参加者募集

主催:(公社)地盤工学会中部支部シニア活性化委員会

「第4回地盤工学サロン-河川堤防見学会・講演会-」では,岐阜大学名誉教授 宇野尚雄先生をお招きし,今までに発生した堤防決壊事例を基にした要因分析と今後への教訓をご紹介いただく予定です.各種の堤防委員会における情報も含めて,興味深い話題をご提供していただける予定です.

当日は,平成12年東海豪雨時の新川決壊箇所(愛知県),枇杷島地区特定構造物改築事業,小田井遊水地,洗堰などの河川関連施設(中部地方整備局)の見学も行います.また,見学会・講演会終了後は,会員間の情報を共有するための懇親会も開催いたします.

今回のサロンは,中部支部60周年記念シンポジウム「濃尾平野を守る河川堤防-地盤工学からの挑戦-」と同一キーワードの「河川堤防」をテーマとしていることから,地盤工学会中部支部60周年記念事業としても開催することとなりました.

本話題は,現役の若手会員・中堅会員におかれましても有益と考えられることから,技術者教育の一環としてご活用いただければ幸いです.

大変お忙しい時期とは存じますが,多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.

・開催日時:平成29年11月21日(火) 12:30 ~17:15 (懇親会:17:30~19:30)

・見学会(12:30 JR 枇杷島駅集合~現地見学~名城大学ドームキャンパス15:30着)

*見学先:平成12年東海豪雨時の新川決壊箇所,枇杷島地区特定構造物改築事業,小田井遊水地,洗堰などの河川関連施設など(移動手段はマイクロバス2台予定)

・講演会(15:30~17:15)「河川堤防(安全評価)の科学的思考」講師:宇野尚雄岐阜大学名誉教授

・懇親会(17:30~19:30)名城大学ドームキャンパスレストランMU

・定員:(先着順に受付) ・見学会40名 ・地盤工学サロン 50名 ・懇親会 25 名

・講演場所:名城大学ドーム前キャンパス (〒461-8534 名古屋市東区矢田南 4-102-9 )

・参加費:

    *見学会+講演会:(会員2,000円,シニア会員※1,500円,非会員3,000円,学生会員1,000円)

            (※シニア会員とは61歳以上の正会員を指す中部支部独自の呼称です。 

*懇親会 4,000円

・申込方法・申込先:(公社)地盤工学会中部支部

           (〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目9番26号ポーラビル8F)

            (TEL:052-222-3747 FAX:052-222-3773)

            (E-mail:jibanchu@jeans.ocn.ne.jp)

※参加ご希望の方は,氏名・所属・連絡先(参加証送付先・電話・FAX・E-mail),会員(会員番号)・特別法人会員(会員番号)・非会員の種別,参加費の振込の控えを添付して,下記までFaxまたはE-mailにてお申し込み下さい(現金書留でも受付けます).折り返し参加証と領収書を郵送いたします.

 (参加申込書をダウンロードしてご記入下さい)

※参加申込書:支部HP(http://www.jgs-chubu.org/)からダウンロード可能です.

※締切:平成29年11月15日(水) (バス定員先着順受付につきお早めの申込みをご留意下さい)

※G-CPDポイント3.0(予定)