地盤工学会は日本の地盤技術を担う専門家の集団です。

平成23年台風12号による三重県内の豪雨災害調査報告

平成23年台風12号による三重県内の豪雨災害調査報告

開催日時
2015年7月31日(金)
参加人数
参加費:無料 定員:100名
会  場
名城大学名駅サテライト(MSAT)

平成23年台風12号による三重県内の豪雨災害調査報告

~「想定外」豪雨による地盤災害への対応を考える調査研究委員会報告~

主 催:(公社)地盤工学会中部支部

共 催:(公社)地盤工学会関西支部,中部地質調査業協会

後 援:三重県

平成23年台風12号に伴う豪雨により全国的に災害が多数し,特に紀伊半島では,大規模な斜面崩壊や土石流,洪水などにより甚大な被害が発生した。これら地盤災害に対し,地域特性や発生メカニズムなどを調べるため,平成24年度から26年度の3年間,(公社)地盤工学会関西支部,(一社)日本応用地質学会関西支部,関西地質調査業協会,中部地質調査業協会の合同委員会として「想定外」豪雨による地盤災害への対応を考える調査研究委員会を立ち上げ,三重地域,和歌山地域,奈良地域にわかれ調査研究活動を進めてきた。

本講演会では,三重地域において実施してきた3年間の調査研究成果について報告する。

G-CPDポイント数:3.5

(地盤工学会は建設系CPD協議会(http://www.cpd-ccesa.org/)に加盟しております)

日   時:平成27年7月31日(金) 13:30-17:00

場   所:名城大学名駅サテライト(MSAT)

      〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-26-8

       KDX名古屋駅前ビル13階

 参 加 費:無料

定   員:100名

プログラム:

13:30      開会

13:30-13:40  調査研究委員会委員長挨拶 

           立命館大学大学院教授      深川 良一

13:40-13:50  平成23年台風12号災害調査について

           三重大学大学院         酒井 俊典

13:50-14:30  表層崩壊による土砂災害について

           キンキ地質センター名古屋支店  片岡 泰

14:30-15:10  大規模崩壊による土砂災害について

           東邦地水株式会社技術本部    石川 昌幹

15:10-15:20  休憩

15:20-16:00  河川災害と浸透破壊について

           三重大学大学院         岡島 賢治

16:00ー16:40  世界遺産災害と自治体の対応について

           御浜町役場産業建設課      古根川 竜夫

16:40-17:00  全体討論

17:00      閉会

申込先:

参加希望の方は,平成27年7月24日(金)までに下記にメールにてご連絡ください。

三重大学大学院生物資源学研究科

岡島賢治
okajima@bio.mie-u.ac.jp


ダウンロード